1. HOME
  2. イベント情報
  3. セカサケ便り

世界酒BAR

開催日時
2020年1月11日(土)

セカサケ便り

あのワイン

世界酒BARにあのワインがやって来ました!
人気ドラマ「グランメゾン東京」で出てきたあの白ワインです。
グラスワインで楽しめますので是非ご賞味あれ!
個人的には大好きなテイストです。

以下は酒屋さんからのご案内です。(一部改変)

話題となりました「グランメゾン東京」
第10話の「真鱈の白子のポシェショーフロア」の
モチーフになったワインが入荷致しました。

~北海道~
☆平川ワイナリー
ピュルテ・キュヴェ・ガストロノミック2018
Pureté Cuvée Gastronomique
産地:北海道・余市郡
品種:ケルナー種
タイプ:辛口
*レストラン様専用ワインですので、ネットや店頭では販売されません

「余市産ワインの可能性を追求し、大地の味わいを限りなく澄んだ風味、
精粋さで表現したいという想いで生まれた辛口の白ワインです。
日本の食文化に寄り添い、愛されることを願ってます。」

栽培醸造責任者・平川敦雄氏

平川さんより

~この「ピュルテ・キュヴェ・ガストロノミック」はグランメゾン東京の
「真鱈の白子のポシェショーフロア」のモチーフになったワインです。
こちらは岸田周三シェフよりコメントです。

☆真鱈の白子のポッシェショーフロワ
(ドラマのためのオリジナル)
私が実際に飲んで、ワインが本当に素晴らしいと感じた、北海道の「平川ワイナリーさんのケルナー」という品種のワインをイメージして作った一品です。

*岸田シェフが書かれたお料理の原文は、
グランメゾン東京のホームページ「最上の饗宴」の第10話に掲載されています。

*平川ワイナリーさんは品種のワイン(ヴァラエタルワイン)を作らず、土地のワイン(区画の味わい)を作るというコンセプトから、品種名は非公開になっています。
その為、ラベルにも品種名の記載がございません。
しかし、このキュヴェに関しましてはケルナーと言う事がほぼ公になりましたので記載させて頂きました。

(品種名掲載の承諾も頂いております)

~平川敦雄氏よりのメッセージです~
1995年に単身渡仏し、フランスのIngénieur Agronome、Oenologue、Sommelierの3つの国家資格を得て、農業から食卓に関するあらゆるプロフェッショナルな技術、経験、知識を蓄積して参りました。

そして、果樹栽培に適した気候と豊かな土壌に魅せられて、北海道余市へ。

世界の美食の舞台で楽しまれるワイン造りを目指して、2015年に誕生したのが、平川ワイナリーです。

最高のワイン造りは、ブドウが育つ自然環境や風景そのものを香りや味わいの中に映し出すことだと考えています。

そのために、栽培から味覚学までの一貫した理念と信念が必要で、料理と相乗できるワインは畑でデザインされるべきです。

畑が有する気候風土や生態系が産地固有の味わいとして表われることを目標として、レストランの美食文化と共に歩んでゆける品質を追求致します。

平川ワイナリーから、世界中の皆様に豊かな時間と最高の笑顔を提供するために、

日々情熱を持ってワイン造りに努めて参ります。

どうぞご期待ください。

~平川敦雄氏プロフィール~

1973年、東京都八王子市高尾生まれ。

愛知県、三重県育ち。

国立東京農工大学農学部生物生産学科卒業後、フランスの農学部門最高峰である国家技術士養成機関 ENSAアグロモンペリエ(現SupAgro Montpellier)のブドウ栽培学-ワイン醸造学科を卒業。

ボルドー大学醸造学部デュブルデュー研究室で芳香性分子の研究を経て、ボルドー大学醸造学部認定DUADを2007年に首席で取得。

現在まで以下のワイナリーでブドウ栽培、ワイン醸造に携わった。

ドメーヌ・ドゥジャック(モレ・サン・ドニ)、ドメーヌ・ジィント・ウンブレヒト(アルザス)、シャトー・ラフルール(ポムロール)、マス・ドゥ・ドウマス・ガサック(ラングドック)、ポール・ジャブレ・エネ(コート・デュ・ローヌ)、シャトー・プラドー(バンドール)、シャトー・マルゴー(マルゴー)、ドメーヌ・ルフレーヴ(ピュリニー・モンラッシェ)、シャトー・シュヴァル・ブラン(サンテミリオン)、ドメーヌ・ベルナール・ボドリ(シノン)、リュステンベルグ(南アフリカ)、フロム・ワイナリー(ニュージーランド)

一方で日本ソムリエ協会、フランス文部省認定プロフェッショナルソムリエ、フランスソムリエUDSF協会認定のソムリエ呼称を取得し、以下の国内外のホテル/レストランで、ソムリエとしての勤務を経ている。

小田急山のホテル(神奈川)、小田急箱根ハイランドホテル(神奈川)、ル・ジャルダン・デ・センス(ラングドック)、ランスブール(アルザス)、ル・シャルルマーニュ(ブルゴーニュ)、ザ・ウィンザーホテル洞爺 ミシェル・ブラストーヤジャポン(北海道)、フラノ寶亭留(北海道)

12年間にわたり、フランスの有名ワイナリーでブドウ栽培・ワイン醸造業務に携わると同時に、世界的な名声を持つ高級レストランにてソムリエとしても従事し、食とワインのスペシャリストとしての経験と、栽培から醸造、味覚学、レストランサービスまでの幅広い知識を有している。

2008年、帰国後に北海道へ移住。

ミシェル・ブラストーヤジャポンのシェフソムリエとしての勤務を経て、2014年に北海道余市町沢町で農業生産法人平川ファーム、2015年に株式会社平川ワイナリーを設立。

経験と感性を最大限に生かし、農業の現場からガストロノミーを追求した、本格的なワイン造りを目指している。

長文のご拝読を頂きましてありがとうございます。

ページトップへ
ここをタッチしてすぐに電話する